Friday, March 5, 2010

March 2010 Schedule



3月2日~3月7日, 2010 Masaki Ishizaki『Fragile』

彼はアーティストネーム『MAN』として活躍しています、2006年頃からはFragile
(儚さ、もろく壊れやすい)をテーマに抽象画を制作中、また彼の作品は
ライブペインティングという形で、音とのコラボによってテーマのもつ意味の深さを
強調している。
繊細な色使いとタッチを重ねて行く事で最後はエネルギーに変わって行く様、
時にデリケートで儚いものこそ真の強さを生み出すのかも知れない、彼の作品はそれ
を私達に教えてくれている。あなたも是非その目で確かめて下さい。

*記念パーティ3月6日(土)pm18:00〜 
SPライブ演奏も行われます!

入場無料でどなたでも参加頂けます、土曜の夜はMANさんの絵に囲まれてみんなで楽しみましょう!!

http://man-saku.jugem.jp/




3月9日~3月14日, 2010『Yoshihisa Sano』
平面とインスタレーション作家。現在、平面においては『Way(道)』
をテーマに制作中。また、2005年にデンマークのアーティスト・イン・レジデンス
に参加した後、エコを視野に入れペットボトルとLED
ライトを使った造形作品を次々に制作、年間に20近い展覧会を行っている。
特に我々が注目したいのが、彼自身によって考案されたペットボトル同士の結合に
接着剤、粘着テープを使わない技法である。結果的に巨大な作品制作も可能にした。
ペットボトルを使い制作するアーティストはたくさんいるが、
中でも彼の作品は群を抜いている。
その美しいクオリティの高さにあなたも納得するはず! 
今週、佐野祥久が創りだす幻想的な世界に、あなたも酔いしれてみてはいかがですか?



3月16日~3月21日, 2010『Masato Sunami』
角南 正人展(彫刻、平面)
造形作家として長く活動し続け、ここ数年前から平面作家としても活動
開始し、めまぐるしく活躍している。 
平面作品においては、深い色彩が呼吸し、宇宙と向き合い、
造形作品においてはより意
識的に世界と向き合って、見る人の五感を揺さぶる。
それは愚かなる人間達の末期にふさわしい美なのか、或いは生命の尊厳の源なのか?
作家 角南 正人さんと語ってみて下さい。



3月23日~3月28日, 2010『Mayu Yamamoto』
山本 真有 写真展
Solo photography exhibition.



3月30日~3月31日, 2010『 VIER 』
Group photography exhibition.
織田 岳 Gaku Oda, 月島 渉 Shinobu Nonaka, 野中 忍 Wataru Tsukijima, 藤永 優 Yu Fujinaga

No comments:

There was an error in this gadget